martedì 21 giugno 2016

SICILIA  シチリア シシリー その5


6日目を書きます。
 
とうとう最後の地、パレルモ。
この日は午前中に市内観光、夜は待ちに待ったオペラ鑑賞at マッシモ劇場です!





朝、案内をして下さるさわこさんと、ホテルのロビーで待ち合わせ。さわこさんとは、最初から飼い犬の話で盛り上がってすぐに仲良しに。まずはマッシモ劇場を横目で見ながら「カーポ市場」へ。
海のそばですから海産物は豊富。砕いた氷の上にマグロ、カジキ、スズキ、知らない魚、貝類なんかがどっさり。野菜も豊富。外国の野菜は大きくてホント驚く。瓢箪的なズッキーニとか。他にも、レーズンと松の実のセット(これが入ってるトマトソースが一番おいしかった!!)や、チアシードが「うそ?」っていうくらい安いレーズンなんてね、試食させてもらったら味が濃い~のよ。ほかに昔からあるパスタソースの缶詰、ドライトマト、パスタソースの素などなど魅惑の食べ物が所狭しと置かれていた。市場には、放し飼いのワンコが何頭かいた。日本では考えられないでしょ。ワンコも吠えないし近寄っても来ないお利口さん!




さて、ここからは「教会これでもか!」観光
王宮(パラティーナ礼拝堂)→カテドラル→サン・
ジュゼッペ教会→マルトラーナ教会→ジェズ教会。
その間にクアットロカンティ、プレトリア広場も見ました。とにかくどれもこれも装飾、建築が素晴らしく、圧倒されて呆然としてしまいます。パレルモは日本で言う「寺町」くらい教会が、わんさかあって面白いのは建てられた時代がビックリするほどまちまち
以前も書きましたが、今回の旅で後悔したのは「なんで世界史選択しなかったかな~!」です。
それでなくてもクリスチャンではないので、壁に聖人が並んでいても誰だかわからないし、さわこさんの説明で一応わかるものの、往時の世界情勢がわからずモヤモヤ。気にしていても仕方ないので「うわ~、すご~い!」と単純に感動することに。だって、のっぺりとした教会なんてないんですよ!写真あったら見てみて。
目が痛くなるほどの装飾ですから!

実はおもしいろいい ​​体験をしたんです
私「あの、トイレ行きたいんですけど、ありませんよね?」
さわこさん:「じゃ、うちに来ます?」
私「え?いや、そんな、悪いですよ。」
さわこさん:「うちの主人、貴族なんです。義父は侯爵でね、貴族の館をお見せしますよ!」
うそー!貴族の館に住んでんのかい?貴族が今でもいるのかい?ってことでお邪魔しました。ご主人様は画家で、そのお宅は現在はアトリエとして使っているそうです。
大広間に通され、なんと!! なんと!!貴族にコーヒーを入れて頂きました。(とても低姿勢なお優しいご主人様。恐縮です。)



テレビや映画で見たような社交場然とした大広間。天井には守護聖人の絵、その中央からシャンデリア、猫足のソファ、壁には大きな楕円形の鏡。優雅なひととき。ドレス着てくるべきでしたわ。
一応書いておきますが、トイレは現代のものでしました!

さわこさんには、とてもお世話になったし楽しい方なのでお昼もご一緒することに。
オススメのトラットリアに連れて行ってもらいました。狭い店内にちょっとイケてるお兄さんが忙しそう。私たちは、ワインとパスタと魚介のフリッターッタを注文しました。パスタの種類がたくさんあって迷った迷った。3人でそれぞれ違うものを注文して楽しみました。そんな時、日本ではよく「シェア」しますよね。こちらではそういうのはないらしいです。だから、あからさまに取り分けたりせず、3人だったから1/3食べたら隣の人にお皿を回して、っていう方法で3種類を味わいました。
日本の悪友からのミッション「イケメンとツーショットを撮ってくる」というのがあり、さわこさんに頼んでお店のお兄さんに声をかけてもらいましました。
さわこさんが「あなた、アンディガルシアに似てる!」と言ったら兄さんはメッチャ喜んで写真を一緒に撮ってくれました。いい人だ!
さわこさんと別れてから、夜のオペラ鑑賞までにやらなくてはいけないことが!
私ったら、マッシモ劇場に着ていくワンピースを家に忘れてしまったのです。
やらかした~!というわけで、調達しなきゃいけない。ラッキーなことにバーゲンの時期でした。それでも何件探したかな、ぐったりでしたよ。バーゲンだから混んでるし。試着も会計も並んで焦りました。ま、なんとかそれらしいパンツスーツを見つけました。(その時は「まぁ、地方の劇場だからこれくらいで」と思っていたんです。)

オペラの予約は日本でしました。一人では寂しいのでビットさんも誘ってみたら来てくださるというので、2人でおめかしして行きました。開演前に劇場内のバーでスプリッツを初めて飲んでみました。
色は可愛いのにパンチのある味で、しっかりお酒です。
それがね、地方の劇場なんて思っていたらとんでもない!
まるでセレブの社交場みたいなんですよ。いったいどこから集まって来たんだろう?
スーツの紳士と豪華なドレスのご婦人でごったがえしてました。あちゃ~、バーゲン品着てるの私だけだわ。

今回の演目は「シンデレラ」 オペラのシンデレラは喜劇で内容が少し違います。
不遇の娘が王子様と結ばれるのは同じです。すごく笑いましました。
楽しかったし、歌手が皆、おで上手ラブラビー!

休憩時間にビットさんが「会わせたい人がいる」というんです。こんな所に知り合いなんていないよ、と思っていたらこのオペラの演出家の方!快く一緒に写真を撮らせてくださいました。
ビットさん、ニクイね!終演後にトイレに行ってみました。マダムだらけ。
東洋人は私だけ。そういえば今回、東洋人私だけ体験が何回もあったんです。シチリア人は黒髪黒目の人が多いのですが、小さな顔に大きな目、濃い眉毛のハッキリしたお顔立ちでしょ!
私は途中でお化粧しても意味がないような気がしてきましたよ。普段のメイクでは薄くて「平たい顔族」丸出し、かといって対抗するほど塗ったらおかしいし。後半は投げやりなメイクでしたね。
明日はモンレアーレまで足を伸ばします。

Nessun commento:

Posta un commento